Feb 4, 2017

粉家 こん吉堂さんへ行ってきました!

こん吉堂

いとあんのお客さんで「地酒が飲みたい」と言われたらすかさず
オススメしているのが、このお店「粉家こん吉堂」さん。
もちろん出雲市駅周辺で地酒が飲めるお店は山ほどあるんだけれど、
このお店は日本酒、特に熱燗に精通したご主人に会いに全国から
酒好きや酒蔵関係者までもが来るお店なのです。

↓↓↓宿泊者の方からの声
日本酒は好きだけど、そこまで知っているわけではなくて。
ご主人と話をしていたらだいたい趣向が分かってくれた
(というか見抜かれた?)のか、こんな僕でもはっきりわかるくらい
パンチのあるおいしいお酒をつけてくださって感激しました!

ということで本日はご近所の宝石屋さん(こちらは大の日本酒好き)
とこん吉堂で待ち合わせ。ちょっと遅れて行くと、すでに一杯始まっている。

こん吉堂 店内
△店内
カウンターとテーブルがある。一人で飲みに来られる方も多いので、一人で行ってもだれかしら話したりできる。私はだいたいカウンター。今日もカウンター。

サッポロラガービール
△サッポロラガービール赤星

「赤星置いているとこなんて珍しいよねえ~」とおやっさんと会話中。
赤星ってなんだ?と思いつつ、とりあえず私も一杯。

おおっっ、これはおいしい・・。10年前にこのお店に初めて来たときに
飲んだハートランドを超える感動・・。とひそかに思いつつ、さっそくお食事を
何品か。

日本酒ばかりをおしてしまいましたが、実はこのお店、明石焼きと中華点心のお店なんです。
なのでどことなくお店は中華風。神戸の明石焼きのお店で働かれてたこともあり、
日本酒のみならずお料理もご主人のこだわりが出てとてもおいし~いんです。

こん吉堂 ディスプレイ
△店内飾り

さてさて、名物の明石焼きは最後にとっておくとして、

くらげ酢の物
△くらげの酢の物
私のお気に入り。肴に最適。
かさごの酒蒸し
△かさごの酒蒸し
メニューにはない一品。かさごを地酒天穏を加えてせいろで蒸してます。
お魚があるときなら注文可能。最後に油をじゅっとかけたしょうがと一緒に食べるので
香りもゆたかでやわらかくて最高!今度から魚を予約してこよっと♪

宝石屋さんの最近のお話などもしつつ、日本酒もぼちぼちいただこうかしら。

日本酒
△本日のお酒

今回は
こちら三種を熱燗でいただきましたー。
左から、
板倉酒造(島根県出雲市)「天穏 山廃 無濾過純米酒」
玄人好みのお酒らしい。濃いのでまずはオーダーしたくらげに合うということで、
出してくださいました。

福羅酒造(鳥取県東伯郡)「山陰 東郷」にごりの熱燗!
宝石屋さんがすっぱいにごりを好きなのを知っていて出してくれたらしい。。
珍しい熱燗で本領を発揮するにごりなのである。なかなかマニアックなお酒だ。
お魚とよく合ったなー。

玉櫻酒造(島根県邑智郡)「玉櫻 生酛純米」
島根の山奥でやっている酒蔵イケメン兄弟さんでやっている酒蔵(これは会いに行かねば。)
すっきり飲みやすい、最後の一杯でしたー。

こん吉堂 メニュー
△店内のドリンクメニュー

とりあえず、お酒くださいと言ったらこんな感じでいろいろ出てきます。
なんとなく反応を見て出してくれている模様。

でもフツーに選ぶこともできますよ。ただメニューにないものもあるので、
何か欲しいものがあればとりあえず聞いてみてくださいね。

お酒でほろほろになったところで最後の〆め、明石焼きをオーダー。

明石焼き
△明石焼き

プルプルでめっちゃおいしい~~。私知らなかったんだけど、ダシにしばらく
漬けておくんですね!ある程度しみてから食べるのがおいしいみたい。食いしん坊の
私にはちょっとがまんが必要。

結局この日は3時間くらいのんびりしちゃいましたね。もう11時を過ぎてましたが、
宿はすぐ近くだから安心(^.^)b

ということで、宿泊者の方にイチオシのお店、出雲にいらっしゃった際にはぜひお越しください★

名称 粉家こん吉堂
内容 玉子焼(明石焼)と中華点心のお店 日本酒 本格焼酎 中国酒 中国茶 ビール取り揃えています。
営業時間 12:00~13:30(ラストオーダー)定休日翌日夕方の営業のみ
18:00~22:30(ラストオーダー)23:00(閉店)
場所 当宿およびJR出雲市駅から徒歩5分程度です。

定休日 月曜日(祝祭日の場合)翌日
駐車場 角屋南隣二台有
お問い合わせ先 0853-30-1909
LINEで送る

関連記事

Comment





Comment