Oct 21, 2016

ガイド案内をお願いして出雲大社を参拝してきました

今一度出雲大社をフル参拝してみました

 

どうもこんちは、出雲ゲストハウスいとあんのヘルパーたっくんです(^.^)

(私の身分→稲葉拓也の海外自転車旅

 

前回の平和そばで出雲そばとかつ丼を食らった後、出雲大社を参拝してきました。

 

言わずもがな出雲大社。
出雲市・島根県どころか、日本全国スケールで考えても大きな存在である霊場ですよね。

わたくし出雲大社へは何度も参拝させてもらっていますが、今回は

 

観光案内所その1
↑おもてなしステーション

 

せっかくなのでガイド案内をお願いして、フル参拝させていただくことにしました。

参拝させていただいてるわりに、私の大社に関する知識は乏しい。
今一度、出雲大社の知識を深めて参拝しようと思ったのです。

 

観光案内所その2

 

出雲大社のガイドサービスを行っている施設は2つあるそうです。

 

1つは観光センターいずもが行っているもの。
こちらは40分ほどの案内
詳しくはこちら→出雲大社ガイドサービス
 
そしてもう1つがここ、おもてなしステーションがおこなっているものです。
こちらは500円で90分ほどの時間をかけてガイドしてくれます。
詳しくはこちら→神門通りおもてなしステーション

自分はおもてなしステーションのガイドをお願いしました。

 

大社案内松の木
↑松が長すぎて写らん

 

おもてなしステーションをぬけてすぐ、道脇に生えている松の木の案内から始まり

 

出雲大社入口案内

 

竹内まりやの実家である旅館竹野屋の紹介をはさみ、入口の鳥居

出雲大社までの鳥居は4つあって、4つとも素材がすべて違うとのこと。

 

祓社説明

 

参道に入り、祓社(はらいのやしろ)

参拝をする社ではなくて、参拝する前に身を浄めるための社だそうです。

 

灯篭案内

 

すぐそばの灯篭

うさぎの彫刻がなされてるんですねぇ。

 

奇跡の一本松説明

 

奇跡の一本松二世

東日本大震災の津波から生き残った一本松の苗木が大切に保存されています。

 

御慈愛の御神像説明

 

御慈愛の御神像

因幡の白兎のお話。

 

ムスビの御神像説明

 

ムスビの御神像

幸魂奇魂のおかげを授かるお話。

 

出雲大社拝殿

 

そして拝殿

出雲大社は2礼”4”拍手1礼なんですよ。

 

出雲大社本殿

 

本殿

地面のピンクい円は、出雲大社が50m弱の高さにあった頃に大社を支えていた柱の跡だとのこと。

 

出雲大社一九社

 

東一九社と西一九社

神様が宿泊される宿だそうです。

 

 

出雲大社素鵞社

 

素鵞社(そがのやしろ)

スサノオ様がまつられているパワースポット。

 

出雲大社神楽殿

 

神楽殿まで案内していただき、フィニッシュ。

 

出雲大社要所要所の概要をざっくりと説明していただきました!
担当するガイドさんで内容は変わっていきそうですが、出雲大社初心者の方におススメのガイダンスかな!(^.^)

知識も得つつ、出雲大社の奥深さも実感しました。

 

90分でも少し短く感じたなー。もっと知りたくなった。

なんか行く度に出雲大社への信仰が深まってる気がするな。

 

 

LINEで送る

関連記事

Comment





Comment