いとあんのこだわり

昭和の旅館の趣をそのままに

    • いとあんは昭和20年代に建てられた旅館の一部の建物を利用したゲストハウスです。
      昭和の内装が全館に色濃く残り、昔の職人さんたちが丁寧に作らたものが多くございます。また現代のように大量生産できない材料も利用されており、その大部分が大変状態よく現存しております。
    • 当初の和室のつくりである床の間や飾り窓をそのまま味わっていただくため、全客室とも畳となっております。
    • 地元の伝統的な特産品を利用し、出雲という地や昔ながらの建物のつくりに調和した内装をこころがけております。

飾り窓

窓の形・デザイン・模様ガラスの柄は、全客室でそれぞれ異なっております。模様ガラスについては現在は既製品がほとんどですので、さまざまな柄を楽しめる建物は全国的にも少なってきております。
飾り窓

欄間

欄間についても全客室で異なったデザインとなっております。

床の間

床の間についても全客室で異なったデザインとなっております。各客室にいけばなを飾らせていただいております。余談ですが、昔から床の間にはその建物の守り神がいらっしゃる場所と考えられております。そのため床の間の裏側はあえて壁材を塗らないことによって、その建物がまだ未完成である(=守り神がいる必要がある)ことを示しています。そのようなつくりも忠実に守ってつくられています。

天井

竹細工などが多く施され、こちらも各客室によってすべて異なっております。

天井

斐伊川和紙(ひいかわわし)のふすま・ディスプレイ

斐伊川和紙とは、古事記のヤマタノオロチ伝説の舞台でもあった斐伊川中流沿いでつくられている和紙です。江戸時代にもっとも盛んで、当時は400件もの紙屋が並んでいたそうです。地元の本物に触れてもらうため、全室のふすまを斐伊川和紙にしております。また、床の間のディスプレイも斐伊川和紙のものを飾っております。

  • ディスプレイ

斐伊川和紙ディスプレイ

  • ふすま

ふすま

その他

      • 木を埋め込んだ土間の廊下

IMG_0022

      • 腰壁

IMG_0023

      • 飾り棚

飾り棚

愛情をこめて、手をかけて

毎日の掃除が基本

小さい宿ながら、毎日の掃除は2時間以上はかけています。また週末には二人がかりで気になるところを掃除しています。いとあんの掃除を担当する住人は本当にきれい好き。そのため宿の開業時からキレイだったはずなのですが、驚くことに一年を経過するとさらにさらにキレイになってきました。今までお手伝いいただいた方々の積み重ねですね。いとあんは本当に幸せだと思います。

 

 

自然とともに歩める宿を目指して

小さな宿ではありますが、今あるすばらしい自然とともに歩める運営を常に心がけています。お金や時間をかけずに宿の業務を行うことはできるます。しかしながら大きな自然に生かされている以上、それを顧みずに長く歩むことはできないと考えています。そのため、いとあんやラウンジ-RO-では自然にやさしいものを使用し、また手間をかけて省エネし、できるだけ自分たち自身のエネルギーで業務を行っています。

いとあんの内装

    • 改装時に左官が必要だった箇所については、すべて自然素材の珪藻土を使用しました。
    • 木の塗装、コーティングにはすべて体にも優しい素材を使用しています。

洗濯・掃除・アメニティ

    • 洗濯洗剤はせっけん系のものを使用しています。
    • 掃除は毎日することで、洗剤を最低限にしています。その洗剤も重曹が主でどうしてもとれない場合にせっけん系のものを使用します。
    • アメニティ(シャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープ)はせっけん系のものを置いています。

ラウンジ-RO-で提供するセルフ食堂のメニュー

yasai

    • 化学調味料を一切使用いたしません。
    • 野菜はできるだけ地の食材を利用します。(現在私たちは近隣に畑を手に入れ、2017年中に野菜の自給率100%を目指して活動中です。)
    • 魚は養殖を避け、地魚を利用します。
    • 調味料は昔ながらの製法でつくられたものを利用します。
    • 何よりも、愛情をこめて、楽しんで作ります。

空室確認・予約

LINEで送る